本文へスキップ

知多市・東海市周辺 税理士をお探しの方は佐藤会計事務所へ

相続・贈与

相続・生前贈与に関するご相談
申告書の作成は、
頼れる専門家におまかせください


     

取扱内容

以下のようなご相談は税理士におまかせください!

1. 遺産相続が発生した方

  • 相続について誰に相談したらいいの?  
  • 故人の遺産(預金・保険・不動産など)があるがどうすればいいのかわからない。  
  • 遺産分割ってどうやるの?
  • 相続税はどのくらい払わないといけない?
  • 相続放棄したいけどどうすればいい?

2. 生前贈与をしたい方

  • 遺言書を作成したい
  • 子や孫に生前贈与をしたい
  • 贈与はいくらまでできるの?節税対策したい!
  • 家族にとって最適な贈与対策は?

計画的な準備をすると相続が起きた時に安心です





佐藤会計なら安心

1.ベテラン税理士が相談に乗ります

当事務所では長年にわたり、地域のお客様の案件を担当してきたベテラン税理士がご相談に乗ります。
相続の相談窓口はたくさんありますが、申告業務ができるのは税理士だけです。お客様にとって税務面から有利な方法を考えていきます。

2.司法書士・弁護士との連携サポート

他士業との連携により不動産登記や名義変更などの手続きも致しますので、すべてお任せできます。
ぜひ安心してご相談ください。


 3.わかりやすい料金体系

当所では報酬料金を定めております。こちらをご覧ください。
料金表はこちら


相続税と贈与税

1.相続税

死亡した人から相続や遺贈などによって財産を取得した時にかかる税金です。相続が起こると10ヶ月以内に申告納税の手続きを済まさなければなりません。

相続・・・原則として死亡によって開始。被相続人の財産に関する一切の権利義務を承継
遺贈・・・被相続人の遺言によってその財産を移転すること

2.相続税の申告対象になる人

課税価格の合計額が、遺産に係る基礎控除額を超える場合
 
基礎控除額
3000万円+(600万円×法定相続人の数)

3.贈与税

1月1日から12月31日までの1年間に個人から財産をもらったときにかかる税金です。贈与の方法として以下の二つがあります。相続が発生する前から計画的に行うことは節税対策にもなります

  1. 暦年課税
    1年間に受けた財産の贈与の額の合計額が110万円(基礎控除額)を超える場合が対象
  2. 相続時精算課税
    原則として60歳以上の父母又は祖父母から、20歳以上の子又は孫に対し、財産を贈与した場合において選択できる贈与税の制度(110万以下であっても申告対象

参考サイト

 相続税・贈与税シミュレーション

  家族状況や所有財産、将来の贈与案を入力し相続税・贈与税の総額を試算できます

 説明コーナー
  
相続税・贈与税に関するご説明をします
情報提供:TKC税務研究所
まずはお問い合わせください
月〜金 9時〜18時


п@0562-35-0967  佐藤会計事務所
                                 

ナビゲーション