本文へスキップ

知多市・東海市周辺 税理士・行政書士への相談は佐藤会計事務所へ

平日9時〜18時  TEL: 0562-35-0967

〒478-0001 愛知県知多市八幡字笹廻間12番地の191

 相続税申告の確認事項と流れ

相続・遺贈・死因贈与により財産を取得した人は納税義務者となり、相続税を支払う義務が生じます。まずは相続税の試算をおこない、相続税が発生する場合には、相続のあった日から10ヶ月以内に被相続人の住所地の税務署に申告します。
            

1.相続人・被相続人の確認

  亡くなった人 = 被相続人    

  相続によって財産を受けついだ人 = 相続人


2.相続財産の確認

 被相続人のお持ちの相続財産を確認します。債務も相続の対象になりますのでご注意ください。あわてないためにも、生前から把握しておくことが安心につながります。 

  〈財産の例〉 預金・生命保険・土地・建物・株式 ほか

  〈債務の例〉 銀行ローン・税金・入院費用・医療費 ほか


3.申告に必要な資料の確認

  財産・相続人によって必要な資料は異なります。こちらから内容に応じて資料の収集を依頼いたします。

4.遺産分割協議書の作成

 遺産分割協議書とは、遺産分割の内容をまとめた書類のことです。申告書に添付するほか、土地・不動産の登記、名義変更にも使用します。また、相続人全員の合意を明確にすることで、あとでトラブルを避ける効果もあります。


5.相続税申告書の申告・納税

 相続税は現金で一度に納付することが原則です。しかし、それが困難な場合は例外的に分割による納付や金銭以外の財産による納付も認められています。また、不動産を相続した場合には、相続税とは別に不動産登記などにかかわるお金も発生します。注意しましょう


6.相続の承認と放棄

 相続放棄した場合、ローンや借金だけでなく、土地家屋や現金などの遺産も同時に放棄することになります。遺産と債務のどちらが多いかわからない場合などは、被相続人から継承する相続財産の範囲内で被相続人の債務の支払いをする、という限定承認での相続も可能です。

 この場合も、相続開始より3ヵ月以内に家庭裁判所に申述します。相続開始3ヶ月以内に家庭裁判所に申述しなかった場合、被相続人の財産に関するすべての権利義務の承認を無条件で認めたことになります。


相続税の計算方法  さらに詳しく計算したい方はこちら

TEL:0562-35-0967

まずはお問い合わせください
月〜金 9時〜18時

佐藤会計事務所

バナースペース

佐藤会計事務所

〒478-0001
愛知県知多市八幡字笹廻間12番地の191

TEL 0562-35-0967
FAX 0562-35-0968

社長メニュー(ASP版)

戦略経営者システムQ&A

毎月更新!お役立ちコーナー

補助金・助成金情報

TKC戦略経営者ローン