建設業許可申請&産業廃棄物許可申請 応援HP 本文へジャンプ


     産業廃棄物関連

       1. 産業廃棄物収集運搬業・処分業について


● 産業廃棄物の定義
廃棄物は、一般廃棄物と、産業廃棄物に分かれます。

一般廃棄物 家庭から出るゴミ 各市町村が、収集運搬・処理する 
産業廃棄物 建設現場や工場等企業から
出るゴミ
都道府県等の許可を受けた業者が
収集運搬・処理する



● 産業廃棄物の種類
産業廃棄物の種類は、19種類 に区分されています。

産廃の種類 内容
燃え殻 焼却残灰、石炭火力発電所から発生する石炭がらなど
汚泥 工場排水処理や物の製造工程などから排出される泥状のもの
廃油 潤滑油、洗浄用油などの不要になったもの
廃酸 酸性の廃液
廃アルカリ アルカリ性の廃液
廃プラスチック 合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず等、合成高分子系化合物
紙くず 建設業、紙製造業、製本業などの特定の業種から排出されるもの
木くず 建設業、木材製造業などの特定の業種から排出されるもの
繊維くず 建設業、繊維工業などの特定の業種から排出されるもの
動植物性残渣 食品製造業などの特定の業種から排出されるもの
ゴムくず 天然ゴムくずなど
金属くず 鉄くず、非鉄金属くずなど
ガラスくず・
コンクリートくず
及び陶磁器くず
ガラスくず・耐火れんがくず・コンクリートくず・陶磁器くずなど
鉱さい 製鉄所の炉の残さいなど
がれき類 建物の解体に伴って生じたコンクリート破片、アスファルト破片など
動物のふん尿 畜産農業から排出されるもの
動物の死体 畜産農業から排出されるもの
ばいじん類 工場の排ガスを処理して得られるばいじん
令第2条第13号
産業廃棄物
上記の18種類の産業廃棄物を処分するために処理したもの



● 特別産業廃棄物の種類
産業廃棄物の中には、特別産業廃棄物に指定されているものがあります。健康または生活環境に被害を及ぼすおそれのあるもの、つまり、毒物を含んでいたり、爆発・感染などの危険性がある産業廃棄物については特別な処理・運搬が必要なため、許可区分が異なっています。

産廃の種類 内容
廃油 揮発油類、灯油類、軽油類の燃えやすい廃油
廃酸 ph2.0以下の酸性廃液、ph12.5以上のアルカリ性廃液
感染性産業廃棄物 感染性病原体を含むか、その恐れのある産業廃棄物
(血液の付着した注射針、採血管など)
廃PCB等PCB汚染物 廃PCB及びPCBを含む廃油。PCBが塗布された紙くず、PCBが付着、
もしくは封入された廃プラスチック類や金属くず
廃石綿等 建築物から除去した飛散性の吹き付け石綿・石綿含有保温材やその
除去工事から排出されるプラスチックシートなどで、石綿が付着して
いるおそれのあるもの。大気汚染防止法の特定ばいじん発生施設を
有する事業場の集じん装置で集められた飛散性の石綿など
有害産業廃棄物 水銀、カドミウム、鉛、有機リン化合物、六価クロム、砒素、シアン、
PCB、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロメタン、四塩化
炭素、1・2-ジクロロエタン、1・1-ジクロロエチレン、シス1・2-ジクロロ
エチレン、1・1・1-トリクロロエタン、1・1・2-トリクロロエタン、1・3-ジク
ロロプロペン、チウラム、シマジン、チオペンカルプ、ベンゼン、セレン
又はその化合物を基準値以上含んでいる、汚泥、鉱さい、廃油、廃酸、
廃アルカリ、燃え殻、ばいじんなど



● 許可区分
産業廃棄物を運搬する種類によって許可が違います。

産業廃棄物収集運搬業 通常の産業廃棄物を運搬する
(事業所から処分場、中間処理場から最終処分場など) 
 特別管理産業廃棄物収集運搬業  特別産業廃棄物を運搬する
産業廃棄物処分業 通常の産業廃棄物を中間処理または最終処分する
特別管理産業廃棄物処分業 特別産業廃棄物を中間処理または最終処分する






 

運営:佐藤行政書士事務所 代表:行政書士・CFP・一級FP技能士・税理士 佐藤知広
連絡先:〒478-0001 愛知県知多市八幡字笹廻間12番地の191
TEL: 0562-35-0967  FAX: 0562-35-0968  E-mail: info@sato-kaikei.com